1 / 11

実践!快適エコライフ!

eko
最近になってさらに注目度の増した電力問題。節電意識の高まりはもちろんのこと、価格の上昇により家計にも影響が出てくるようになって、一人暮らしの大学生には無視できない問題になりました。 けれど、夏真っ盛りの7月。出来れば汗だくで過ごしたくはありませんよね・・・ 今回の特別chはそんな一人暮らしの学生のために、手軽にできるエコ節約術を教えていただきました。もちろん一人暮らしの学生だけでなく、どんな人にでも手軽に実践できますよ。 節電で地球にエコ、お財布にもエコな暮らしを始めてみませんか?動画見て、節約術を実践すればあなたの生活が素敵なエコライフに!   0:45~ 節電になるエアコンの「エコワザ」 1:18~ 節電になる電子レンジの「エコワザ」 2:03~ 節電になる洗濯機の「エコワザ」 2:20~ 節電になる冷蔵庫の「エコワザ」 2:50~ 節水になるトイレの「エコワザ」 3:22~ エコワザまとめ   キャスト:小河原万里奈(フェリス女学院大学エコキャンパス研究会2年)
続きをみる

インターン一日密着取材!

0
今回の就活chでは、株式会社アネストさんで行われているテレアポインターンに一日密着取材しました! 挑戦してくれたのはダイガク.TV3年の田中翔也くんです。 アネストさんが提供してくださったインターンシッププログラムには、実際企業様に電話をかけたり、社会人の方と実際にお話をしたり、他のインターンシップ先でも役に立つことが盛りだくさんです。 インターンに興味はあるけど、雰囲気もわからないし突然やるのは不安…と思っている人、必見です! 田中くんがインターンの感想などをまとめたレポートがアネストさんのFacebookページに掲載されているので、この動画を見て気になる!と思った方はぜひご覧ください。 0:18~ 今回のインターンの説明 1:12~ インターン開始 3:26~ 大石さんのアドバイス 3:46~ インターンを終えて 4:56~ アポイント先のコンベックス様へお話を伺いに行く 6:08~ Facebookページの紹介 協力:株式会社アネスト様、株式会社コンベックス様  
続きをみる

武蔵野美術大学ライブオープンキャンパス

ムサビ
生徒の創りたい!を叶える大学.... そんな大学存在するの!?そう思ってる高校生のみなさんはぜひ見てください! 今回は武蔵野美術大学のUstreamオープンキャンパスです。 ゲストは、造形学部デザイン情報学科のお二人です。 この学科は知る人ぞ知る企画力が身に付く学科。 なんとアプリやWEBを制作する授業もあるそうです。 多角的にデザインを学ぶことができますよ! ゲストのお二人には特別に実際に制作した作品「ポートフォリオ」を持ってきていただきました。 一緒に美大生の素顔に迫りましょう! 19:30~ 授業 33:40~ サークル活動 40:34~ 受験について
続きをみる

学習院大学ライブオープンキャンパス2012

学習院
みなさんがよく聞く「GMARCH」の「G」でおなじみ、学習院大学のオープンキャンパスです! 歴史あるこの大学の現役の学生さんたちに、学部の紹介からキャンパス内のオススメスポットまで、学習院大学の知って得するさまざまな情報をお聞きしました! リア充スポットと呼ばれる南7号館2階テラスとは!?血洗いの池って!? 今回ゲストとしてお越しくださった学生さんたちからは、学習院大学への愛が伝わってきました! 高校生のみなさん!必見です。 10:09~ 学部の紹介 (経済学部、法学部、文学部) 16:39~ 学生オススメスポット 24:00~ オススメ授業 35:45~ 入試について
続きをみる

文系・理系 キャンパスライフはどう違うの?

0
今回は文系・理系の学生でキャンパスライフがどのように違うのかを特集しました。 大学選びで、理系に進むか文系に進むかで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 文系の学部と理系の学部では、授業スタイルや学校の雰囲気、それぞれ大きく違います。 実際に入って、なんか違うと後悔する前に、この動画で文系と理系の違いについて学びましょう!
続きをみる

音楽×ファッション チャリティーイベント「Stand up Fellows」

0
今回の音楽chでは、学生団体オークンチュランさんが主催するチャリティーイベント「Stand up Fellows」をリハーサルから密着してきました。 学生団体オークンチュランさんは、カンボジアの教育支援をしている団体で、メンバーはお茶の水女子大学の学生を中心に構成されています。 音楽×ファッションで、「アートがつなぐ国際協力」をテーマにしたこのイベント。 ロック系バンドの演奏からファッションショー、DJタイムなどさまざまなコンテンツで構成されていました。 イベントをたのしみながら、それが国際協力につながっていく。素晴らしいことではないでしょうか。 0:45~ イベント開催のきっかけ 1:15~ Stand up Fellowsについて 3:10~ 今後のビジョン
続きをみる
1 / 11